コインリング特集

コインリングとは?

現在n.t.cで人気急上昇のコインリング!最近ではInstagram等で少しずつ見るようになってきましたが、まだまだ知る人ぞ知るといった感じで日本での認知は低いです。ここではそんなコインリングを紹介いたします。

コインリングってなに?

コインリングってなに?

コインリングとは、その名の通りコイン(硬貨)を加工して指輪にしたコインジュエリーの一つです。

古くは西部開拓時代、ネイティブアメリカンが銀貨を溶かしてジュエリーを製作したことが始まりとされており、その後1960年代にヒッピーたちがアートとしてコインの加工を行ない、コインリングを始めとするコインジュエリーが広まりました。

日本では、法律により「日本の流通貨を加工すること」が禁止されており(*1)、硬貨を加工するアクセサリー自体に馴染みがない人が多いと思います。しかし、アメリカを始めとする様々な国ではそういった規制がなく、今でも定番のアクセサリーとして加工されております。
日本では、最近Instagramを始めとする写真投稿ができるSNSで人気が出てきており、じわじわと流行りつつあるようです。

(*1) 日本では「硬貨は国から借りている」という考えがあるそうです。しかし、海外の多くは「硬貨は個人の所有物」という考えなので加工自体に規制がない国がほとんどです。また、日本の硬貨でも、流通貨として効力を失った古銭であれば加工可能です。
n.t.cで使用しているコインは法的に問題のないものを使用しています。

コインリングのご購入はこちら

コインリングの特徴

素材となるコイン自体は、コインに刻まれている製造年より流通しており、コイン一つ一つに違った傷やエイジングを重ねています。n.t.cのコインリングは、そういったコインの貫禄をそのまま活かすように製作しています。
また、通常のリングとの違いとして、以下の特徴があります。

<リングの裏側にも模様がある>
コインは裏表があるので、そのコインで製作したコインリングにも当然裏表の模様が残ります。n.t.cでは、この裏面の模様にも愛着をもてるよう、模様が残るように丁寧に仕上げています。
<コインの製造年が刻まれている>
製造年は「このコインが生まれた年」の証明。例えば自分の誕生年と同じコインは、現在の自分と同じだけ年を重ね続けてきたコインになります。誕生年や記念年のコインリングをお守りとして身に着けてみてはいかがでしょうか。私は小さい頃、自分の生まれ年の硬貨を見つけてお守りのようにポケットに忍ばせていたことを思い出します。
※ コインの種類によっては、リングの製作過程でカットする部分に年式があるものもございます。その場合はリングに年式は残りません。

コインリングの特徴

※年式指定について※
コインリングの年号指定はオーダーメイドとなります。コインの種類にもよりますが、年式指定費用として+500円前後必要となります。
在庫や流通の関係もございますので、ご注文前に必ずこちらよりご相談下さい。

コインリングのご購入はこちら

おすすめのコインリング

n.t.cで販売しているコインリングの中で、人気の高いおすすめのコインリングを紹介します。

シルバーコインリング

銀貨で製作したシルバー製のコインリングです。他のリングに比べて少し値が張ってしまいますが、やはりシルバーは大人気です。シルバーアクセサリーにこだわりのある方におすすめ!

幸せを呼ぶコインリング

ペアリングとしては人気ナンバー1!デンマークのクローネコインを使用したコインリング。ハートがデザインされたコインは世界中でデンマークのコインだけ。国民の幸福度が世界一(2013年、2014年、2016年)ということもあり、「幸せを呼ぶコイン」と呼ばれています。

和柄コインリング

日本の古銭で製作した純日本製の和柄コインリングです。菊花紋や唐草模様などが和の心を刺激します。日本の硬貨ですが、流通貨幣としての効力を失った古銭ですので法的な問題はございません。

定番のコインリング

定番といえばコインリング発祥の地アメリカのコイン。日本でも入手しやすく、年式指定がしやすいコインです。たくさん種類があって迷っているのであれば、まずはこちらから始めてみてはいかがでしょうか。

その他、n.t.cでは様々なコインリングをご用意しております。以下のリンクよりご覧ください。
コインリングのご購入はこちら